クマに効果的な治療法|目の下の悩みにサヨナラ

beautiful girl

目の下の色が気になったら

鏡でチェック中

睡眠不足などで目の下に現れるクマは青っぽい色をしていますが、色素沈着によってできるクマは褐色系の色をしています。青っぽい色の場合は温めるなどの処置で改善できますが、褐色のクマはレーザーで治療してもらうのが一番です。

View Detail

効果的な方法

注射器を持つ女性

日常生活において、自分でできるクマに対する治療法はどのようなものがあるのでしょうか。血行不良によるものにおいては、目の周りだけではなく体全体の血行が悪くなっている場合があります。ですので、運動不足に気を付けたり、半身浴で血行を良くすると良いでしょう。また、パソコン作業や読書なども時々目を休ませるようにしましょう。目の周りの筋肉が凝り固まってしまった場合は、ホットタオルなどで目を温めるのも効果的です。加齢からくるものには、エイジングケアをするしかありません。アイクリームやパックでケアし、むくまないように注意します。シミやくすみからくるものは、洗顔時に顔をこすり過ぎていることが原因になっている場合もありますので、クレンジングや洗顔の方法を見直してみることも大切です。

目の下にクマができると、病気でもないのにやつれて見えたり、老けて見えたりするものです。一口にクマと言っても種類があり、大きく3つに分けられます。一つ目は血行不良からくるもの、二つ目は加齢によるたるみからくるもの、三つ目はシミやくすみからくるものです。種類によって原因が違いますので、当然治療方法も違ってきます。血行不良によるものは、冷えや生活習慣の乱れが原因なので、比較的簡単に改善することができます。加齢によるものやシミやくすみからくるクマの治療は、自分で行うのは難しく専門のクリニックなどに相談するのが良いでしょう。クマの治療は日帰りでできることが殆どで、目の腫れも少なく日常生活に支障がでにくい手術です。かかる金額も手頃なことから、受けやすい治療の一つと言えます。

たまった血液が原因

cream

疲れやストレスによってできるクマは、目元に血液がたまることが原因となっています。そのためレーザーで毛細血管を破壊するという方法で治療がおこなわれています。安全ですが、その分効果が出るまでには複数回の照射が必要になります。通院を続けて施術回数を重ねていくことで、濃いクマでも消えていきます。

View Detail

種類と施術方法

スキンケア

目の下の黒いクマができますが、この原因は肌の成分が少なくなり、ハリがなくなることによって、黒いクマとして現れるのです。その治療方法は、脱脂術とリポトランスファーを組み合わせる方法が主流です。メリットが多いです。

View Detail