クマに効果的な治療法|目の下の悩みにサヨナラ

beautiful girl

たまった血液が原因

cream

毛細血管を破壊

現在では、仕事などの疲れやストレスから、目の下にクマができる人が増えてきています。なぜ疲れやストレスでクマができるのかというと、これらが蓄積すると、体では血液を押し流す力が弱まったり、血管が収縮したりするからです。つまり血行が悪くなり、そのため目元に血液がたまり、それが透けてクマとして見えるようになるわけです。美容外科ではこのクマを、レーザーによって治療することが可能となっています。具体的には、血液がたまっている毛細血管を、レーザーの熱で破壊するという治療です。破壊といっても体には害はなく、毛細血管がなくなることで血液は、太い血管を通ってスムーズに流れることになります。そのため治療後はクマが生じにくくなるのです。もちろん体に傷が残るようなこともないので、これは安全な上に効果の高い治療として注目されています。

複数回の照射が必要

安全なレーザーでも、強いパワーで照射すると、体に刺激を与える可能性があります。そのため美容外科では、クマに対してはパワーを抑えたレーザー照射がおこなわれています。その分毛細血管は、急激にではなくゆっくりと破壊されていくことになります。つまりクマをしっかりと消すためには、この治療を複数回受けることが必要になるということです。たまっている血液の量にもよるのですが、一般的にはレーザー治療は、3回ほどは必要になるとされています。回数を重ねていくほどに治療効果が顕著に出るようになり、濃いクマができている人でも5回ほど受けることで、目元の色は明るくなっていきます。そのため途中でやめるのではなく、効果が出るまで通院を続けることが大事です。